天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

カリスマ天才経営戦略コンサルタント 大澤隆之の会計学基礎講座 会計学比較  書き直し

大澤隆之です

昨年は、財団法人、社団法人の立ち上げ関係もやりました。

医療法人、クリニック開設などもやりました。

それから、変わったところでは、弁護士のサポートして、逮捕された被疑者関係の・・・

そして、各種ビジネスモデルのスキーム作成と大忙しです。

ただ、大好きなお酒やめてませんので、1年の半分は血中アルコール濃度高め?みたいな日々ですが、

今年は少し頭をクリアーにして、体もシャープにしていこうと思います

やっぱり酒が入っているとパフォーマンス悪いね。

体がなまっていると心もなまるね。

久々に格闘技もやろうかという今日この頃ですが、

まずは今日のテーマ。

 

会計学比較

ブログを前回書きましたが、一部訂正してみました

 

大澤隆之

 

税務会計のルールをGAAP generally accepted accounting principleと呼ぶ

財務諸表は経営者の責任の下作成される。GAAPに基づいて作成。

 

GAAPは国によって違います。 → それって不便では??

 

日本のGAAP ASBJ

U.S. GAAP  FASB(financial accounting standards board)

IFRS     IASB(international accounting standards board)

現在は国際財務報告基準IFRSの提供がrequire or permit, convergenceへと進んでいる

アメリカもノーウォーク合意にてconvergenceの方向へ

 

 

 

IFRSの体系

              大きな指針         細かいガイドライン

設置主体

会計基準

解釈指針

ISAC

IAS

SIC interpretation

IASB

IFRS

IFRIC interpretation

 

 

 

US-GAAPはもともと無数の会計原則の集合体

→分かりにくい

→まとめよう!

 

FASB Accounting Standards Codification (ASC)

・USAAPの統合成文化

・リサーチシステムの構築(データベース検索)

 

Topics, Subtopics, Sections, Subsectionsの階層から構成

 

 

 

Recognition 資産、負債、収益、費用として財務諸表に記載

Measurement 認識される項目の数量化。AttributeとScale of measurement(monetary unit)→何がどれくらいある?

 

概念フレームワークとは?

IASB、SFAC(Statement of Financing Accounting Concepts)はGAAPを構成するものではなく、財務会計の原理を定めるものである。一致しない場合には、基準や解釈指針が優先する。

財団法人、社団法人、NPO法人、医療法人、医師、なんかはどうでしょうか? 

 

イメージ  概念フレームワーク・・・一般法

      IFRSs・・・・・・・・・特別法

 

 

SFACの階層

1st Basic Objectives

2nd Qualitative characteristics,  Element

3rd Recognition and measurement concepts 

 

1st Basic Objectives

Give information for existing and potential investors to make decisions about providing resources to the entity, such as stock and flow

 

目的 投資家や債権者に役立つ情報を提供する

 

 

2nd Qualitative Characteristics

  1. a) fundamental

 relevance → 目的適合性 重要な情報であり、因果関係に基づき、予測可能である

predictive value

               confirmative value

              maturity

 faithful representation  忠実な表現 網羅性、中立性、誤謬がない

complete, neutral, free from error

 

  1. b) enhancing

 comparability

 verifiability

 timeliness

 understandability

 

 

 

要は、

必要な情報を

きちんと誠実に公開している

 

そして、それらが、判断材料として役立つ要素を兼ね備えていること。

 

 

3rd Recognition and measurement concepts 

Ⅰ Basic assumptions

  1 economic entity assumption   出資者その他の企業から分離された実態

 2 going-concern assumption 永続

  3 monetary unit assumption お金によって測定

  4 periodicity assumption  定期的に報告するための期間に区分

 

 

Ⅱ Basic principles of accounting

  1 historical cost of principle 取得原価;客観性、検証性が高い

 2 revenue recognition principle   accrual basis ; ①realized or realizable ②earned

  3 matching principle  費用は経済的便益が消費された時点で認識→費用収益対応

 4 full disclosure principle

 

constraint

 1 cost-benefit relationship

 2 materiality  重要性が低い物は簡便に

 3 industry practice

 4 conservatism

 

 

SFAC6 elements of financial statements  2nd Level

Assets probable future economic benefit  資産、お金とか

Liablities probable future economic sacrifices  負債、

Equity   residual interest  純資産、現状の医療法人社団では持分なし

Investments by owners

Distribution to owners

Comprehensive income

Revenues  inflow

Expenses  経費、医療費などは??

Gain, losses   peripheral  incidental

 

文責  大澤隆之

SFAC7 using cash flow information and present value in accounting measurement

  Initial recognition

  Fresh-start

   Effective interest rate

 

キャッシュ―フローをどう判断するか??

 

まずは概念的なところから

 

新たな次元から

経営戦略コンサルタント

大澤隆之