天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

財務諸表などなど  天才カリスマ 経営戦略 コンサルタント 大澤隆之の会計学講座

こんにちは

経営戦略コンサルタント

大澤隆之です、

 

経営コンサルタントっていうのが、一般的だと思います

経営のコンサルなら、当然、それに関する周辺部分、会社法とか特許法など法関係から、

人事・採用などの人間関係

ビジネス展開をする上でのマーケティング関連

などなど幅広く知っていることが本来の必要条件かと思います。

 

その意味では、ただの公認会計士や税理士は、経営コンサルタントにはなり得ませんね

 

他方で、これら色々知っていても、本当にその手法でビジネスがうまくいくかなんて保障はないですよね

 

非常に多くのパラメータがありすぎて、カオスですから、社会全体で見ると。

なのである種のセンスがいるでしょう

 

さて、私の経営戦コンサルとは、どんなコンサルをするのかというと、字のとおり

戦略面をメインとします。

ミッションからステラテジーの部分ですね。

作家と監督みたいなイメージです。

 

これって、誰でも出来ることではないでしょう。

新しいストーリーを書くためのセンス、ビジネスで言うところの、どんなシナリオを描くか。

知識があっても、情報をたくさん持っていても、このパズルのピースをどう組み立てるか、

それは才能ですよね?

 

そして、その部分に長けているのが私と言うことです、

なので、それ以外の雑務は私はあまり興味がないし、他に依頼した方が、コストパフォーマンスがいいかもですね。

 

もちろん、プロジェクトならチームでやりますけど・・・

 

なんて、少し自分のことを書いてしまいました。

 

大澤隆之でした。

 

さて、

今回は財務諸表関連のお話をしていきたいと思います

 

 

財務諸表

 

 

財務諸表とは、

BS、IS、キャッシュフローが基本で、

株主持ち分計算書などが加わる。

 

 

Financial Statements

 

1 balance sheet financial positon at the end of the period

2 income statement / statement of comprehensive income

3 statement of cash flow

4 statement of stockholder’s equity

 

賃借対照表はある一時

損益計算書やキャッシュフローは、ある期間での変動 幅がある

 

点・・・その一時点だけ取り繕っているだけかも??

変動・・・利益が出ていても、借金などの負債が多いかも??

 

1個だけだと

結局正しく判断できません

 

SECに登録している企業、public companyはForm 10‐Kという年次報告書を作成

子会社を有する場合には、consolidated financial statementとして作成

医療法人、NPOなどは別の機会に。

 

 

CF)IAS

 

1 A statement of financial position as at the end of the period

2 A statement of profit or loss and other comprehensive income for the period

3 A statement of changes in equity for the period

4 A statement of cash flows for the period

5 Notes, comprising a summary of significant accounting policies and other explanatory information   説明書き

6 A statement of financial position as at the beginning of the earliest comparative period when an entity applies an accounting policy retrospectively or makes a retrospectively or makes a retrospective restatement of items in its financial statements, or when it reclassifies items in its financial statements.

振り返って言及する場合

 

 

 

 

Comparative financial statementSECに基づく公開会社)

BSは直近2会計期間、その他は3会計期間

 

会計原則の変更を行った場合には、過去の財務諸表も変更後の会計原則を適用!

 

 

CF)IAS 最低1会計期間分の比較情報

 

 

以上、

経営戦略コンサルタント

大澤隆之でした

 

明日は、政治関連→医師関連 とコンサルです

昨夜、寝不足で眠い。

 

今日はお酒飲んで早く寝よ(笑) 

 

 

BS  左側と右側の合計が一致

単なる=関係というより、

右が原因、左が結果と見てもいい

 

右の理由、例えばお金を借りたから現金があるとか、出資してもらったから固定資産があると言うような意味づけである。

 

左が現在目の前にある、モノの姿であり、それをお金と言う基準で評価するのが会計学である

思いや勢いではない()

 

基本的には、流動性の高い者から順に上から書いていく。

 

 

 

Income Statement

Gross margin = sales revenue – CGS

Operating income = gross margin – SG&A

Income from continuing operations before provision for income taxes = Operating income + other revenues and gains – other expenses and losses

 

更にincome tax expense を引いたものが、Income form continuing operation

 

Net income = income from continuing operations – discontinued operations

 

Comprehensive income = Net income ± other comprehensive income(実現可能性が低い)

 

OCIには、外貨換算差額、売却可能有価証券の未実現保有損益などが含まれる

CIは、単一の報告書、あるいは別々ではあるが連続する2つの計算書で表示可能

 

 

Net income → R/E

OCI  →        Accumulated OCI 実現するか分からないものは配当に回せない

 

不確実× 保守主義

 

OCI例

外貨換算差額

キャッシュフローヘッジ

売却可能有価証券の未実現保有損益

過去勤務債務

 

 

本業

Operating expenses

Selling expenses : 販促費一般、freight-out (freight-inはinventoryに算入)

   広告費、運送料、販売手数料、営業への給与

General and administrative expenses :

  支払保険料、法律会計費用など、役員給与

 

本業以外

Other revenues and gains 副次的、付随的に獲得された収益 : interest revenue, dividend revenue

本業以外で、発生が稀 or 性質が異常 gain / loss 

→ gain on sale of property, plant, and equipment   gain on sale of marketable securities

 

Other expenses and losses :interest expense

Loss forma sale of property, plant and equipment

 

 

Ending balance of stockholder’s equity

= beginning balance of stockholder’s equity + net income + OCI – dividends ± Other changes in equity and adjustment(paid-in capital or treasury stock)

 

 

Long –lived assets held for sale の成立要件

1 売却計画の確定

2 直ちに売却可能

3 行動が開始

4 1年以内

5 合理的な価格

6 撤回可能性が低い

  → current assets

 

 

 

Discontinued Operationとは以下3つをすべて満たすもの (CF IFRSでは要件が違う)

1 component of entity

2 held for sale

3 strategic shift

 

Strategic shift

A major geographic area

A major line of business

A major equity method investment

Other major parts of an entity

 

 

事業活動は医師の

決定日 measurement date   ⇒ impairment loss

処分日 Disposal date     ⇒ gain or loss of sale

その間 phase-out period

 

Discontinued Operation

減損損失=(FV-処分コスト)―BV

売却損失=(売却額proceeds-処分コスト)―BV

 

 

 

適用した会計方針は財務諸表の不可欠な部分integral partとして開示が必要

Consolidation basis

Depreciation basis

Amortization of intangibles

Inventory valuation

Revenue recognition basis

Translation of foreign currencies

Franchising and leasing activities

Cash equivalentsの範囲

 

 

Related Partyとは

関係会社

持分法適応会社

従業員のための信託

Principal owners, management

Immediate family members of owners or management

医療機関、病院、クリニックが院長である医師の妻が代表を務める法人と取引

これは良くあるが・・・

医師と取扱い薬剤の薬局、製薬会社と医者・・・

 

関連当事者との取引は開示が必要である

・利害関係の内容

・取引内容と影響

・取引金額

・債権債務残高

 

 

*開示が不要な例外

通常の営業過程における報酬・手当などに関する取り決め・・・通常ありうるからいいっしょ

連結財務諸表または結合財務諸表作成上消去される取引・・・・もともと消去されるくらい重要性が低い

 

 

財務諸表作成時のリスクと不確実性

1 事業の性質 nature of operations製品・サービス・市場

2 見積が用いられていること use of estimates

3 重要な見積項目 ceratain significant estimates(見積が変化する可能性大、変化が財務諸表に与える影響が大

4 集中による脆弱性 current vulnerability due to concentration (特定の顧客、特定の製品・サービス、原材料・労働力の供給減の集中、市場・地域の集中

 

 

結論として

重要なこうとは公開しようよ

 

お金を出したり取引をする側として必要だと思われる情報はきちんと言おうよ

 

 

 

 

後発事象

BS日より後だが、財務諸表公表日もしくは公表が可能になった日より前に起こった重要な事象

タイプ1 recognized events BS日時点で既に存在。BSの修正が必要

タイプ2 unrecognized events BS日時点で存在していない。注記開示

 

BS日時点で既にあったことなら、ちゃんと直そうぜ!

それ以降はしょうがない  コメントしてちょ

 

 

 

CF) IASでの後発事象は、期末日と財務諸表の公表が承認された日(公表日より前)の間に発生する事象 → USGAAPより短い

 

 

 

Fair Valueの測定と開示

資産の売却、負債の移転は、主要な市場principal marketで取引されることが前提

主要な市場が存在しない場合には、最も有利な市場the most advantage market において取引される

 

 

公正価値を見積もる場合に利用する仮定となる情報

レベル1インプット:活発な市場における相場価格 active markets, quoted prices

レベル2インプット:レベル1インプット以外の市場の観察可能なインプット observable, similar active, identical not active

レベル3インプット:観察不能なインプット unobservable

 

 

 

公正価値の開示

継続して 公正価値による評価が求められる資産・負債の主な開示事項

一時的に 公正価値による評価が求めらえる資産・負債の主な開示事項

 

 

以上 大澤隆之でした