天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

大澤隆之の会計学  無形資産あたり

近年、スマホやPCなどの普及により、ソフトウェアの開発などが増えてきています

物理的な物、電化製品とか机とか服などと

扱い方は違うのでしょうか?

 

こんにちは、大澤隆之

 

さて、こんな感じの導入から

今回は、無形固定資産のお話になります。

 

 

 

intangible assets

無形資産

 CF  USGAAP のれんも含める

  他方、IFRSでは、identifiableなものをintangible assetsと定義しているため、good will は含めない

 

外部取得  公正価値で認識

 

内部で生み出したもの

コストは原則費用化

直接費は資産化 

 

 

IFRS ⇒取得原価 cost で認識する

Probable and measured reliably の時に購入価格+直接付随費用で認識

 

Trademarks 商標権 10年、更新無期限

Copyrights 著作権  企業:発効日から95年、個人:死後70

Patents特許権  20年、償却は20年以内

 

 

 

減価償却累計額、減損損失累計額を控除した金額で測定

使用予定期間法的上限などを考慮して償却amortizationを行う

 

 

IFRS 固定資産同様、原価モデルor 再評価モデル

 

耐用年数が無期限では償却はしないが減損は行う

定性的評価が原則。

定性的評価で必要と考えられた場合のみ定量的評価を行う。

減損損失も戻入はしない。

 

定性的評価とは、財務パフォーマンスの低下や、法改正、産業や市場の衰退等の原因で減損が生じている可能性があるかどうか判断すること

 

 

IFRS 過去に計上した減損損失に部分に関して、減損損失の戻入を行う。

 

 

 

ソフトフェアの開発

  • 外部への販売またはリース
  • 自社利用(internal use)

 

Stage1 technological feasibility確立まで

⇒research & development cost 費用

   Detail program designが完了するまで  R&D

 

この段階って、そもそも作れるか分からないよね??

 

 

Stage2  market feasibility確立まで   

⇒computer software development cost 無形資産

     Coding , Test , Master

 

この段階は、実際に売る物を作っている段階。売る物なら、それは資産でしょ。

例えば、inventoryも資産

 

 

Stage3 販売段階  

⇒発生したコストは棚卸資産として計上され売上時にCGSになる

   Duplication, Packing

 

売るために発生するコストだから、

広告販売費とか、一般管理費みたいにCGSに反映される

 

 

Stage2の資産は、耐用年数による定額法、または収益割合で償却

①ソフトウェア・コスト/耐用年数

②当期収益/見積総収益 × ソフトウェア・コスト

①か②の大きい方

ただし、NRVよりは↓

 

*NRV= net realizable value = Selling price – selling costs

と比較して小さい場合には、評価下げを行う

 

 

自社利用のソフトウェアの成立要件は、

・使用が内部ニーズに合致

・外販計画がない

 

1Preliminary project stage ,

2application development stage ,

3post-implementation / operation stage

1,3は費用計上し、

2は資産計上し、耐用期間定額法で償却

 

要は、外販目的と同じような感じね

 

 

研究開発コスト ⇒支出の段階で費用計上

  • 知識の発見 Laboratory research to discover new knowledge

 研究成果の用途探索。医療分野では、医師、薬剤師、製薬会社などでの新薬開発

  • 代替製品の組成設計 Formulation and design of product alternatives

 代替製品、製品または製造プロセスのの改変

医療における、ジェネリックなど 医療費削減・医師推奨

  • 試作、模型 Preproduction prototypes and models

 治具、金型 tools, dies, etc. for new technology   試作ラインpilot plants

新しい医療機器の開発

 

 

 

◆研究開発コストに該当しないもの

商業生産の初期段階の生産技術の開発

商業生産のための品質管理

商業ライン停止時の解決

製品の品質向上のための日常的、継続的な努力

特定の顧客要求のための作業

季節的な製品設計

日常的な設計

R&D活動のみを除く、他でも使われる設計、建設など

 

売り始めてからは、研究開発ではないよね?

販売に関する日常的な行為は、研究開発ではないよね?

特定な顧客仕様とか、季節仕様は、研究開発とは言えないでしょ?

 

 

※第三者との契約により研究開発を行う場合には、その費用は繰り延べられ収益と対応させて費用計上

 

 

 

研究開発コストは、支出時点で、全額費用

例外 研究開発用に外部から購入した資産が、代替的な将来の用途にも使用可能

 

研究開発にも確かに使ったけど、他でも使うっしょ!

 

 

IFRS 

研究局面と、開発局面に区別し

研究費:発生時費用 、 

開発費:資産

 

研究:new knowledgeの入手

   Research findingsまたは他の知識の応用調査

 

開発:生産、または使用以前の試作品、模型

   新技術を含む、工具、治具、鋳型、金型

 

 

 

開発段階の企業

BS株主資本の部に累積損失の純額を表示

 Cumulative losses during the development stage

IS、CFに創業期からの累積額を記載

  Cumulative amounts

財務諸表に開発段階であることを明示

 Development stage enterprise

開発段階が終了した翌年の財務諸表注記に、前年まで開発段階の企業であったことを記載

 

Start-up costsは発生時に費用処理

 

 

 大澤隆之