天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

異次元の発想

新たな切り口

IQ169による、ぶっとびコンサルで有名な

大澤隆之です

 

 

 

株で稼ぎたい、なんてあなた

株式の基本を学びましょう

 

 

Common stock

Proceeds – par value = APIC   額面と振込額が同じとは限らない!

 

ちなみに、

Cost of registration は、APICから控除するか、あるいは経費として計上

 

 

 

現物出資、サービスは時価で計上

 

 

かりに

普通株式優先株式、その他の有価証券が組み合わされて発行された場合

Proportional method 総額を時価で按分

Incremental method 時価が分かっている方に割り当て、残りを分からない方へ ← 一方の時価が分かっている場合

 

 

Stock subscription 引受申込み

Dr. cash

   Subscriptions receivable(資本の控除項目)

   Cr. Common stock subscribed

      Additional paid in capital

 

Treasury stock  資本の控除、 資本取引⇒損益の認識は行わない

 

 

Cost method

購入時は、シンプル、いくらかかった? 

Dr. treasury stock  Cr. Cash。

再発行時

売ったTS購入原価を引き継ぐ、借り方計上必要なら、APIC(TS)RE

消去時は、

Common stock APICは最初の発行時の額を引き継ぐ

 

つまり、

購入時のコストがベースで、REで調整

 

 

Par value method

 購入時は

Common stock とAPICは最初の発行時の額(額面)を引き継ぐ。差額はRE

 再発行時、

CashとTSの差額は、APIC-CS

 消却時、

Dr CS Cr TS

 

 

つまり、発行時の額面がベースで、REで調整

 

 

Preferred stock

dividends配当する場合には、優先に受け取れる

Liquidationの時に、優先に受け取れる

 

 

Participating普通株主以上の配当を保証. 

 優先株配当⇒普通株配当⇒残りは按分(額面×株数)

 

 

Cumulative preferred stock  もらえなかった年の分が、貯めといて後でもらえる

繰り越し配当金 Dividends in arrears ⇒ 負債ではなく、注記による開示

 

 

現物配当の場合には、簿価→時価へ評価替えを行う

 

 

精算配当 

配当金の原資がREではなく、paid-in capital

Dr. APIC Cr. Dividend payable

 

  • 利益の株主への還元ではなく、 払込資本の株主への返還

 

  •  

 

 

手形配当scrip dividends   利益は出たけど、金がねぇよ~

配当を手形notesで行う

interest expenseが発生する

Dr. Scrip dividends payable, interest expense   Cr. Cash

 

*支払利息が発生

 

 

Stock Dividends

高配当large stock dividends 簿価 

par value×株式数のREを減少させる。APICは変わらない

20-25%以上

・低配当率Small stock dividends 時価を用いる

20-25%以下

 Dr .retained earnings

Cr. Stock dividends distributable

     APIC

 

Dr stock dividends distributable

  Cr.  Common stock

 

 

 

Stock Splits / reverse stock split 仕訳不要っす!

 

 

TSの取得原価に相当する金額は配当禁止の州多し

Dr. RE

 Cr. Appropriated retained earnings (処分済留保利益:配当制限

 

 

 

Ch.7 bankruptcy → liquidation  

精算賃借対照表statement of affairsの作成

簿価から時価へ

 

  優先的請求権 Priority claim,  破産手続きの管理費用、未払い賃金、前渡金、未払い税金など

unsecured claim, residual claim

 

 

Ch.11 Reorganization

                   

準更生 Quasi-Reorganization:法律に基づかない更生の会計処理

累積欠損deficit :REマイナスでは配当できない→REをゼロにするテク

資産をFVで再評価 過大評価資産は減価償却費を高くし、利益を圧迫するため

CSの額面の引き下げなど→APICを確保する必要

欠損deficitAPICと相殺

 

単に財務諸表上の操作みたいなものです。

けど、

配当出さないと、株主離れちゃうから、こういうテクニック的なものも時に必要なのよ

 

天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之のぼやき

mensaって参加者と話す度思うけど、あんまり頭良い奴いないよね?

もっとIQの高い集団作れば?