天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

大澤隆之 天才カリスマ経営戦略コンサルタントの会計学基礎 外貨建て取引あたり

経営戦略コンサルタント

大澤隆之です

 

 

 

外国と取引すると問題となる外貨建て取引

それに基づくリスクをヘッジするためのヘッジ手段

 

このあたりは、

うまく簡単に説明が難しいと気付いた

 

分かっている人からしたら、ああ~となっても、

あまりなじみがない人からしたらばイマイチ意味が通じない

 

もう少しかみ砕いて説明する必要を感じるので、

今回は暫定版

改めてまとめたいと思う

 

大澤隆之

 

取引時、期末時、決済時に

Spot rate で評価⇒other revenues and gains ,  other expenses and loss

Foreign transaction gain/lossを認識

 

決済日に、ARを消す

Dr foreign currency (Euro)

 Cr account receivable (euro)

 

Dr cash

Cr foreign currency (euro)

 

 

forward exchange contract

 

speculation

 Forward contract

投機目的とは、将来のレートを予測して、予約取引

*現物決済です

 

 

Hedge

1 AR,APの為替レート変動リスクをヘッジ

2 外貨建て特有の取引形態から生まれる為替リスクヘッジ

       Unrecognized firm commitment

       Forecasted foreign exchange transaction

 

1 要は、将来金を受け取る ⇒ 少ないといややー

     将来金を支払う  ⇒ 多いといややー

という気持ちになりますよね

それを回避しようぜ、ということ

 

 

外貨建て取引による増減を、デリバティブ契約によりフィックス

 

 

 

2 外貨建て取引と為替予約取引を分けて考える

 

経営戦略コンサルタント

大澤隆之

大澤隆之