天才カリスマ経営戦略コンサルタント大澤隆之の会計学講座

IQ169 人が思いつかないような全く新しい切り口からの経営戦略を提案する、カリスマコンサルタント大澤隆之のブログ

天才カリスマ 経営戦略コンサルタント 大澤隆之  管理会計周辺 + 元教師として

経営戦略コンサルタント

大澤隆之です

 

まだまだ寒い日が続きますが、頑張って行きましょう。

標準原価計算などは、管理会計で用いられる手法でで、

財務会計を作成するときとはまた違った考え方をされます。

そのあたりを考えてみましょう

 

This is memorandum to explain the differences in job costing, process costing, and standard costing systems.

 

Job costing is the method to accumulate and assign the cost individually and appropriate for producing the small amount unique products or specifically designed product.

Process costing is the method to accumulate and assign the cost and appropriate for the larger amount of homogenous products.

Standard costing is the method to estimate cost the estimated cost per unit by the estimated units. You can get the estimated cost and it is helpful for your decision-making.

 

If you should have any questions, please feel free to contact me.

Sincerely,

 

 

Standard costing

 

 

Job costing systems are commonly used by companies that produce relatively small quantities of identifiable, unique products or services. The cost of each separate job is computed.

Process costing systems are used by entities that produce large quantities of homogeneous goods. The cost of widget is calculated as an average for all produced during the period.

Standard costing systems are not a cost accumulation systems but rather are a valuation systems. Standard systems are based on targets developed for direct material, direct labor, and overhead. All quantities and costs are moved through the accounting system using a predetermined rate considered the standard. These standard costs are then compared to actual costs to highlight variances.

 

Reliable Corp. has been a small company, but has grown to a certain size. Process costing may be more appropriate if same kinds of widgets are produced continuously in quantity. Standard costing may be used for better control of the costs incurred.

 

 

 

 

This is the memorandum to explain to the external resources that may be available for the administrative job

 

Generally, outsourcing is the way to get external resources. You don’t have to hire new persons for its administrative jobs.

 

It is beneficial for your company to use outsourcing.

 

 

Sincerely,

 

 

 

In general, such external resources include concepts such as shared services and outsourcing.

Shared services is a concept used when two or more organization share the funding and resources for a service, to efficiently maintain common administrative jobs.

Outsourcing is a concept used when a company contracts out a product or service that had been obtained internally, to an external provider.

Administrative jobs that can be outsourced include accounting, human resources, logistics, training, and even research and development.

 

Because Sizemore is software developer and is willing to invest in its own development jobs, it may be a good decision to outsource its general administrative jobs such as accounting and human resources jobs as much as possible. This may enable Sizemore to concentrate its resource to its core business of software development.

 

最近は寒さもあり、コートを着たりするわけですが

私が最近着ているブランドは、TOMFORDGUCCIが多いです。

私の場合は、ブランド名というよりは、

そのデザイン性と、自分の体系にあうか、という点を重視しているので

決してミーハーな感覚では洋服を買わないし

また雑誌などの情報で、作られた情報に流されたり、誘導されたりすることもないため、

気に入ったものは長いこと着ております。

単純にブランド名のタグがついているだけで、値段が何倍にもなるような類の服や、

そのブランドでなければ表現できないラインやデザインの美しさが存在しない場合には

一切購入しないものです。

 

ところで

今日のニュース

元教師として、目を引いた話題である

 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180208-00000080-nnn-soci

以下抜粋

東京・銀座の“公立小学校”が導入する予定の児童の「標準服」、いわゆる制服が波紋を呼んでいる。デザインしたのは高級ブランドの「ジョルジオ・アルマーニ」。今までの標準服の2倍以上、およそ5万円の価格に様々な声が上がっている。

 

実際の物を見ていないので

なんとも言えないですが、

果たしてラインやデザインは良いものなのか?

私個人はアルマーニは、少なくとも私が求めるデザインではなく、自分にはライン的にも合わないと思うので購入しないため、どんな感じが細かくは分かりません。

値段が高い

という話題ばかりが取り上げられていますが、

それがそれだけの価値があればいいのではないかと思う。

5万円であれば、他の制服と比べて、極端に高いわけでもないし、長く活用するものだろうから、

素晴らしいものではあれば意味があると思う。

私が購入するスーツは70万くらいするから、それに比べたら、お得な感じもする。

そもそも制服の場合、毎日同じものを着るわけだから、仮に月に20回着用するとした場合、

1年しか着なくても、1日あたり200円だ。

2年使うなら、100円

たまにしか着ないスーツなどと比べると、格別に有効であろう。

 

ただし、そもそもその価値があるかどうかの問題である

使い勝手、デザイン性などが子供にとってメリットがあるのか?

あるいは、親にとってメリットがあるのか?

メリットとは、単に差別化とか、デザインのおしゃれさが気に入っているとか、そんなレベルでもいいのかもしれない。

 

それにより、何かが豊かになりうるきっかけとなり、その連鎖反応で、生活が実りあるものになる一助となれば

全然高いもの等ではない。

 

寧ろ、既成概念に囚われずに、新たな挑戦をすべきだと思う

 

コンサルタントとして

元教師として

大澤隆之

 

カリスマ

天才

経営戦略コンサルタント